エステでの海藻パックのニオイと成分の問題

今、お気に入りの四国中央市のフェイシャルに出会う前、別のエステのエステシャンに勧められて乾燥肌に良いという、海藻パックをメインにしたフェイシャルエステを契約しました。1回ごとにするつもりでしたが、肌の乾燥が激しいのでコースで通った方が良いこと、コース契約のほうが1回ごとの価格が安くなるなど、スタッフの熱意は変わりません。根負けして10万円以上のフェイシャルエステのコース契約をしましたが、あまり相性の良くないメニューでした。ミネラルの力と濃厚なモイスチャー成分は、海藻パックで実感のできる良い部分でしたが、問題はニオイとテクスチャー、そして施術後の汚れです。海藻パックですから使っているのはあらゆる海藻のエキスであり、黒くてドロドロした液体を顔全体へ塗り、そのまま時間をおきます。濃厚な磯の香りは生臭さがあって鼻につきますし、臭いのでリラクゼーションの心地よさは半減です。ドロドロで冷たい海藻パックは、肌にのせる際にも気持ちの悪さがあって苦手でした。さらに施術後に落としてはくれますが、メイクをする際髪の毛の生え際に海藻パックの成分が乾燥してこびりついてしまい、エステ後にお出かけなどはとてもできません。

カテゴリー: エステ パーマリンク